看護師さんの為の人気求人サイトの見つけ方

国立病院や公立病院に勤務する看護師の給料は高い?

国立病院で働くメリットは国家公務員扱いになれることで、
基本給は毎年上昇しますし一般病院と比較すると残業がつきやすいところです。
そして公務員ですから年金や退職金は民間病院よりは高めです。

ここでは、国立病院や公立病院に勤務する看護師の給料について説明しましょう。

一般的な病院には、公立病院・国立病院・民間病院など、たくさんの病院が
ありますが、中でも看護師の給与面や福利厚生面の充実度や安定性を考えて
総合的に判断すると公立病院や国立病院に人気が集中しています。

民間病院に関しては、それぞれの病院の経営状況が良いか悪いかとか経営者の
判断によって看護師の待遇はまちまちであると考えて良いでしょう。
もちろんのこと民間病院であっても儲かっている病院ならば公立病院以上の
待遇をしている病院もたくさんありますが、そうでない病院もたくさんあります。

公立病院で仕事をする看護師は地方公務員にあたりますから、病院に雇用され
ているのではなくて各地方自治体に所属していて公務員として病院で働いて
いるというワークスタイルになります。

だから病院を運営している都道府県や市町村の財政状態によっても看護師の
給与体系は大きく異なっているのが現実です。

ハッキリ言いますと儲かっている自治体であるならば看護師の給与水準も
高くなるけれども、そうじゃない場合は期待できないということになります。
求人広告を参考にして比較してみると公立病院の場合は、特殊勤務手当手や
その他の諸手当がとても充実しているのが特徴的です。

また結婚や出産をする場合の特別休暇や年次有給休暇も定められています。
給与が比較的安定していて福利厚生やスキルアップのための研修制度など
教育体制なども整っている面で公立病院や国立病院はメリットがあると言えます。

以上、国立病院や公立病院に勤務する看護師の給料について説明しました。
年齢加算によって収入もアップしていくシステムですから安定性と将来の
ことを考えれば、公立病院や国立病院で仕事をするのはお薦めできます。